BRAINPOOL

 

456 West 23rd Street

New York, NY 10011 USA

T: +1-347-708-0404

  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

商品とサービスは社会的問題と一体化され、また人々や企業に幸福を提供するものだと考えながら私はこれまで仕事を進めてきました。人々のニーズと文化的背景への理解、人々の感情、発言、思考や行動内容を観察することで、生活の質に焦点を当てたより良いサービスの開発ができると私は確信しています。

 

私は、デザイン思考の手法に、感情と感受性の手法を組み合わせた仕事を専門にしています。私自身の文化的背景を活用してトレンドや好機を見極め、リサーチを通じてこれらの洞察を確証します。

 

私は、現在ブラジルのサンパウロを拠点にしています。ヘルスケア、ユーザー経験、デザイン、イノベーション調査など、8年間様々な定性的調査に携わってきました。ブラジルのサンパウロ出身で、米国、英国、スペインで学び勤務した経験があります。

 

 

専門分野:

- 文化的洞察(カルチャル・インサイト)

- ブランディング

- モデレーション

- 定性的調査

- ユーザビリティ調査

- デザイン思考

- 人材採用

- 翻訳

- ソーシャル・コミュニケーション

 

 

グラウシア・ホルツマンは、ソーシャル・コミュニケーションをブラジル、サンパウロ市のパウリスタ大学で学びました。そして、2005年にサンパウロ市でグローバルリサーチ会社の設立を促してから、リサーチャーを専門業としてきました。ホルツマンは、消費者インサイト、プロダクトイノベーション、デジタルインタラクション、ブランド戦略、サービスデザイン、ユーザビリティーなど、多くのカテゴリーでこれまで多様なプロジェクトに関わった経験があります。

 

東京・ホンコン・ロンドン・ニューヨーク・サンフランシスコに10代から20代にかけて住んだホルツマンの国際的な経験は、文化的洞察のリサーチにおいて人間の行動や文化を深く理解する機会を与えてくれました。組織の知識をより深める文化エキスパートとして、ホルツマンは業界で高く評価されています。

 

ホルツマンは、サンパウロのINSITUM社でシニアプロジェクトリーダーを勤め、同じくサンパウロのソフトウェア会社のOmnia Consultoria社で経営マネージャーを勤めた経験を持っています。トリインガル (ポルトガル語・スペイン語・英語)のホルツマンは、3カ国語の同時通訳に熟知しています。

 

またホルツマンは、ブラジルのトレンドと文化、社会階級の定義、多様性について、活発な執筆活動を続けています。

グラウシア・ホルツマン

創立パートナー

質的リサーチと分析リサーチと分析

カルチャルインサイト(文化的洞察)