BRAINPOOL

 

456 West 23rd Street

New York, NY 10011 USA

T: +1-347-708-0404

  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

機能性とユーザビリティは、美をもって統合できるものと私は考えます。 私のプロダクトデザインとブランディングに対するアプローチは多角的で、芸術性と情報ベースの手法を

組み合わせたものです。

 

トレンドを予測し、調査結果と分析内容から市場で成功するための鋭い戦略と具体的なコンセプトとデザインを編み出すことを、私は得意としています。

 

私はニューヨークを拠点に、北米、ラテンアメリカ、アジア、ヨーロッパの市場と顧客を相手に15年間働いた経験を持っており、デザイン調査から商品の実現まで、イノベーションにおける全ての段階に精通しています。

 

私はエクアドル出身で、スペイン・オーストラリア・米国で学びました。

 

 

専門分野:

  • プロダクトデザイン

  • ブランディング

  • 戦略計画

  • デザイン調査

  • ユーザビリティ調査

  • 人間行動の観察と分析

  • コンセプトの創出

  • イノベーションツールの構築

  • プロジェクトチームのコーディネーション

  • 試作品の創出

 

 

アルセニオ・ガルシアは、ヘルスケア、オフィス家具、ハウスウェア、電子機器などのプロダクト開発から、ブランディングやパッケージデザイン至るまで、幅広い分野における専門的経験を持ち合わせています。近年、ガルシアは、デザイン戦略に関するプロジェクトや、サステイナビリティーの実践と教育にも熱心に関わっています。

 

これまでガルシアは、Herman Miller・Omron・Panasonic・OXO International・Coca-Cola・Pepsi・Starbucks・Home Depot・McDonald’s・Playtex・Hewlett Packardなど、数多くの企業とコラボレーションをした経験を持ち、また彼が関わったデザインは、Vogue Italia・Graphis・Time Magazine・ID Magazine・Innovation・Popular Mechanics・Fast Company・O-Magazineなどに掲載されました。

 

ガルシアは、Art Center College of Designのニューヨーク校で、3年間プロダクトデザインプログラムの講師をつとめ、またエクアドルのデザインと建築学校ともコラボレーションをした経験があります。現在ガルシアは、ニューヨークのParsons School of Designの大学院の工業デザイン学部の教授であり、デザインにおける美しさ・欲求・コンテキスト・聴衆・機能を探求し強化する「フォームの追求」のMFA (芸術系修士号)コースを教えています。

 

 

2013年には、ニューヨーク近代美術館のデザインショップが企画した「Destination NYC」の名誉賞を受け、またその他にも、IDSA Gold Award・ID Magazineアワード・The Chicago Athenaeum Good Design Awardなど、数多くのデザイン賞を受賞して

います。

アルセニオ・ガルシア

創立パートナー

プロダクトデザイン

ブランドディング